【1ヶ月無料お試しあり】平均30万円以上のブランドバッグが1日220円で使い放題

セレブ男性に見合う女を目指す

【水商売の闇】何の目的もなくキャバ嬢を長く続けた女性の末路

キャバ嬢のピークは20代前半

キャバ嬢になりたい人は、「30を過ぎてもキャバ嬢ってできるの?」って思いますよね。

キャバ嬢は若い女性に人気の職業ですが、永遠に続けられる仕事ではありません

ぶっちゃけ、最初に言うとキャバ嬢のピークは20代前半で、それを過ぎると売れてるキャバ嬢でもなかなかお客さんが付かなくてなってくるんです。

たしかに30代を過ぎてもキャバ嬢をやっている人はいますが、それは若い頃からたくさんのお客さんに恵まれて、30を超えても若くて芸能人レベルに綺麗な人だけ。

20代後半、30代でも売れてるカリスマキャバ嬢が「カリスマ」たる所以ですね。
なので、20代前半までは続けられても、そこからは引退後のことを考えて動かなければいけません!

キャバクラの職歴は基本的にアルバイトと同じ

例え長年キャバ嬢として働いて、仮にどこかのお店のナンバーワンになったとしても、正直転職となるとあまり評価されません。

キャバクラ業界ではそれはすごいことですけど、昼職ではナンバーワンを取っても「へーすごいね」で終わって、面接で有利になるなんてことは無いんです。

そもそも、「キャバクラで働いてた」っていうこと自体が日本ではまだまだ心象が悪いですよね。

もちろん立派な職業なので絶対に隠さないといけないと言うわけではありませんが、履歴書にはあまり書かない方が良いでしょう。

なので、キャバクラ勤めが長い人ほど、「キャバ嬢やってた期間どんなことをしてたってことにしようかな・・・」と履歴書を書くときに悩む人が多いのが現実です。

私の知り合いの元キャバクラ嬢で、現在昼職で働いている子はキャバクラで働いていた期間を「接客業」で通したそうです。

“接客業”であることに間違いはないので、履歴書で困った場合は“接客業”と書くのがいいと思います。

昼職は年齢を重ねるほど就職が難しくなる

最初にも言った通り、キャバ嬢を中心とした夜職は若いほど稼げて、年齢を重ねるほどに稼ぎにくくなる上、転職も難しくなっていきます。

なので、大抵キャバ嬢たちは30手前くらいになれば引退して別の仕事に就こうと思う人が多いですね。
ただ、30手前の昼職への転職はかなり不利!

最近になってだんだんどこかの会社に勤めるんじゃなくて、フリーランスとして仕事を取って働く人も増えてきていますが、まだまだ正社員が主流の時代。

フリーランスで稼げるほどの何かのスキルがあれば話は別ですが、スキルなし職歴(キャバクラしか)なしのアラサー女だと、雇ってくれる昼職はかなり限られてきますよね。

ただ絶望するのはまだ早いです。
キャバクラ等の夜職で働いてきた女性が昼職へ転職するのを応援してくれている求人サイトもあるんです!

夜職から昼職へ転職したい女性向けの求人サイト

どちらのサイトも”元夜職歓迎の案件”が多数あるので、「今はキャバクラで働いているけど将来的には昼職で働きたい!」と思っている人にはピッタリのサイトです。



目的もなくキャバ嬢31歳まで続けた女性の末路

私の知り合いのキャバ嬢にも、何の目的もなく31歳までキャバ嬢を続けていた人がいました。

その人は大学生の時になんとなくキャバ嬢の仕事をはじめて、最初からそれなりに稼げたのでなんとなく卒業後もキャバ嬢を本業にして働いていたそうなんです。

そりゃあ、若い時は「若い」っていうだけで人気が出ますよね。
簡単に親の年収を越しちゃうようになってかなり調子が良かったそうなんですが、25歳を過ぎた頃に一気に人気が急落!

ナンバーもなかなか取れなくなって、お店でもパッとしない立ち位置になってきたんですが、若い時の栄光が忘れられずにキャバを続ける、ちょっとプライドが高い人だったんです。

ですが、流石に限界を感じて31歳で引退。
そこから昼職に転職活動を始めたそうなんです。

「資格なしでできる一般事務ならできるだろう」と思って転職活動を続けてたんですが、当然のように書類選考の段階で落とされ続け、そこでも挫折。

「キャバ時代の接客経験と美容術でコスメ業界なら大丈夫だろう」と美容部員への転職活動を始めても「資格は?」「職歴は?」という質問にうまく答えられずここでも惨敗。

若い頃のお客さんにも相手にされず、仕事も見つからずで、今はうつ病になってしまって自宅で病気療養中だそうです・・・。

キャバ嬢をするなら自分の商品価値を把握して行動

目的もなくキャバ嬢を続けていると、見事な転落人生が待っているので、将来への展望は真面目に考えないといけません!
そのためにキャバ嬢が考えておきたいのはご覧の3つ。

  1. 自分が人としてどれくらいの価値があるか客観視する
  2. 何歳くらいにはどうなりたいかちゃんと目標を決める
  3. そのためには何をすれば良いのか考えて実行する(人脈作りや資格取得etc)

目標は様々で、私のようにキャバクラで玉の輿を狙うことや、キャバクラで得たお金で学校に通って手に職をつけるのもアリ!

あとは実際に行動に移して、引退後も安定した生活を送れるように考えて行動しましょう!

キャバ嬢の引退後

実際、キャバ嬢を引退してからも安定した生活ができている人はどんな仕事をしているのか、ここでいくつか紹介します。

  • 結婚して主婦になる&子育てをする
  • キャバ嬢経験を活かして起業家になる
  • 35歳くらいまで働ける高級クラブに移籍する
  • しっかり面接対策をして昼職に就職する

こんな風に、キャバ嬢を引退してからも様々な選択肢がありますが、それを実際に掴み取ることができるかどうかはその人次第です!

結婚も起業も転職も、並大抵の努力では成功しないので、早い段階から対策を考えておかないと、あとは落ちていくしかありません!

♥この記事をシェアする♥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です